ライディングテクニック上達法

ハンドルラインと肩のラインを平行に保つ効果

技術レベル 3 ★★★☆☆

Q:コーナーの入り口で、背筋を旋回方向へ20~30cm移動させるとき、
ハンドルと 両肩を結んだラインは、一瞬並行でなくなりますが、
それは良いのでしょうか?

あと練習中、上体を傾けた後に、ハンドルラインに両肩のラインを合わせる最中に、
力も入れずにタイヤが自然に“クネッ”となったような状態に何回かなりました。

自分ではかなり気持ちよかったし、これが「本当のリーンウィズ」か?!
と思ったのですが、 この“力を入れずに自然にクネッとタイヤがついてくる”
(ハンドルラインと肩のラインが自然に平行になる)という感じは正解なのでしょうか?

この感じは小さいカーブで多く、大きなカーブではあまり感じられなかった気がします。

 

A:コーナリングに際して、上体(特に肩)を曲がりたい方向に移動することで、
シート 上での荷重(体重)移動が行われます。

これによりステアリングが自然に切れていくわけですが(セルフステアリング)、
このとき合せてハンドルラインも回転していきます。

ハンドルはセルフステアリングによって切れて回転していきますが、
この時ハンドルのラインに、ライダーの肩のラインを合せるのは、
ハンドルと上体の距離を保ちながら、切れていくステアリングに、
上体を荷重移動した状態のまましっかり追従させるためなのです。

上体がステアリングの動きに追従すると、荷重が常にシート旋回方向側にある
「正しいリーンウィズ」が保つことができ、
セルフステアリングによる旋回性を引き出すことができます。

しかし、肩のラインをハンドルラインに合わせずに、
ステアリングだけが切れていくフォームを取ると、
上体が残ってしまうリーンアウトのフォームとなり、
車体の旋回の動きだけが先行してしまうのです。

こうなると、シート旋回方向側への荷重が不十分になり、
結果セルフステアリングが引き出せず機能しなくなってしまうのです。

ですから、上体の動きは常に旋回方向に移動し回転するステアリングに遅れないよう、
しっかり追従、回転させることが、高い旋回性を保つために重要な要素です。

004
ハンドルラインに肩ラインを合せることで「正しいリーンウィズ」フォームを保つ

005
ステアリングだけが切れていく上体が残ったリーンアウトのフォームにならないように!

それから小さいカーブでよりこのセルフステアリングを強く感じたとのことですが、
高速カーブの場合、強い遠心力が働いてしまうため、
車体の傾斜角(バンク)とが釣り合ってしまうのです。

そして、ステアリングを切ることで旋回するのではなく、
この車体の傾斜角により旋回性を増すことでコーナリングします。

それに比べ、低速カーブやUターンなどの小旋回では、
この遠心力が小さいため車体傾斜角は小さく、
旋回方向への体重移動に対しステアリングを切り、
前輪を旋回方向に回転・移動することでバランスを取ろうとするので、
よりセルフステアリングを引き出しやすいのです。

ちなみに、サーキットなどの高速コーナリングで、セルフステアリングはほとんど期待できず、
バイクを極限までバンクさせることで強い遠心力とバランスを取るわけです。

このように、上体、とりわけ肩のラインの移動・回転を意識して、
コーナリング、Uターンなりを実践すると、
コーナリングの質が変わること請け合いです。

 

いつまでたっても走りに自信が持てないライダー必見!初級を脱却したいライダーへ!
「DVD」で「メールサポート」で「ライブ参加」で、 ライディング上達の“3ステップ”で上手くなる!

ツーリングで一目置かれるカッコいいライディングを実現する
教習所では決して教えてくれなかったライディングテクニック習得法!

basic_top

記事投稿日:2019/04/29
カテゴリ : コーナリング ライディング上達法